ブログ開設っ!

the Black Cat のSATUKIです。はじめまして、みなさん!


これから、SATUKIが投稿する際はthe Black Catの活動の中で、

  1. どんな環境で、どんなプロセスを踏んで曲を出していってるのか・・・

  2. どんな所に気を配って曲を書いていっているのか・・・

  3. MV制作の際に、どんな事を事前に決めたりしているのか・・・


恐らくアーティスト活動をスタートさせた方々や、活動を見直される方々に有益な発信をする事になるかと思います。寧ろマニアックかも・・・今日はあっさりめにしておきます。

今日はまず、the Black Catの楽曲制作環境を簡単にご説明します!

the Black Catの楽曲の制作から配信申請までは、

完全自主制作です!


Private Music Studio.


1.どんな環境で、どんなプロセスを踏んで曲を出していってるのか・・・


僕らの制作で一番重要なのは・・・

〇PC

楽曲制作を行う上で注目するのは「CPU」と「メモリ」

音の信号を複数扱うので、その分PCの処理能力が問われます。

大体の楽曲制作ソフトはデュオコア以上・メモリ8GB以上が推奨。

今使っているPCはクアッドコアでメモリ32GBのオーダーPCです。


〇DAWソフト(楽曲制作ソフト)

これがなければ打ち込みですらままなりません。

色んなソフトが出ていますが、そこはまたの機会にご紹介いたします!

因みに使用DAWはSteinberg / Cubase10です。


〇オーディオインターフェース

簡単に言うと、PCに音を入出力させることに特化した機材。これもピンキリです。

価格が安ければ、コンパクトで機能も最小限。

価格が高くなるほど、入出力するチャンネル数が増えたり、機能自体凄いものが・・・上見たらきりないですので割愛します。

因みにMOTU / 896mk3を使用しています。

その他スピーカーやらヘッドフォンやらなんやらかんやらありますが、それはまた次の機会で。


〇プロセス

  • 作曲or作詞

  • アレンジ

  • 仮録り(Vocalや楽器)

  • 本録り

  • ミックス

  • マスタリング

簡単に言ってしまうとこんな流れです。僕の場合、殆ど作詞作曲アレンジを同時進行で進めます。


2.どんな所に気を配って曲を書いていっているのか・・・

気を配るところは人それぞれなので一概に言えません。

けど、僕自身が気を配っているところが・・・

「歌詞には依存せず、如何に情景をオケで演出できるか。」

一番ここに力を入れています。

現在、Twitter上でイベント企画として「リズム」ショートMVを流していますが、この「リズム」は都会がメイン情景です。曲のテーマは「新しいスタートを切った主人公の未来への夢と希望」です。新しいスタートって希望だけじゃなく、不安だったり、消極的な心情がありますよね。でも取り巻く環境は憧れた都会。煌びやかな世界にいるわけです。尚且つ、不自然に思われぬように「落ち着き」を演技するでしょう。

↑これでしかありません。笑

なので、落ち着いた曲調ながら、リズミカル。でも時々流れてくる音が切ない音が入ってきたり...

「情景」+「主人公の心の動き」=「主人公の視界の情景」

「作曲・アレンジ」+「作詞・アレンジ」=「楽曲」という位置づけです。

3.MV制作の際に、どんな事を事前に決めたりしているのか・・・

主に僕の場合は、曲の情景とテーマに沿ってどんな風なMVにするか決めます。

というよりも、曲を作る時点で「頭の中に情景や世界」があるので、それを視覚的に具現化するような感じです。もちろん今後発表する曲たちの中で、頭の中の映像的イメージで「バンド演奏している映像主体」の曲もあります。けど、せっかく視覚的にも曲の世界観伝えられるなら・・・MV作る曲は「演奏」とは違ったMVにしていきたい。


とりあえず、やるといい事とすれば、

〇絵コンテ制作

最初はコマ割りとかは考えません。寧ろ、「Aメロのここはこんな感じのシーンに絶対したい!」ってのをまず押さえていきます。それをズラズラーっと下手くそな絵で書きなぐりました。笑

こうしたい!というのが決まったら、あとは「その前後がどんな映像なのか」を思い出したりイメージしたりして、流れを決めます。


今回「リズム」は2番のAメロから地名などが入ってますので、そこはそこでぶつけたり・・・「リズム」MVの細かな説明はまた次回・・・笑


もっとあっさり終わるつもりでしたが、意外と濃ゆい一歩手前。

なんだか「あっさり豚骨ラーメン」の様な・・・自重


と、まぁ、今後どんなブログになっていくかは勘付いて頂けました?笑

多分、こってり系のお話が多いと思います。

けど、その発信がこれから皆さんのお役に立てたらと思います!


長々ありがとうございました!

頻繁にこんなトークを展開していこうと思います!笑

宜しくどーぞ!


the Black Cat : SATSUKI

the Black Cat

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

copyright©2019 office Music Cat all right reserved