Twitterのツイート中に思い立った題材

どうも、SATSUKIです!

えー、SATSUKIのツイッターアカウントでは、動画も含めた発信をし始めました。

見て頂きました?


the Black Cat / 2nd Single "Eternity" Bass フレーズ (2番)


Bruno Mars / 24K magic


さてさて、Twitterでつぶやいてた時に題材にしようとしてた事を書こうかな!



リズムにおける三要素
  • タイム感

  • テンポ感

  • リズム感

この3つがないと音楽は成立しません。

これは基礎中の基礎です。では超簡単に解説します。

タイム感

これは音と音の間の長さをさします。

どれだけの長さを鳴らすのか、伸ばすのか。

休符も同じです。どれだけの間、鳴らさないのか。

テンポ感

これは基準となる拍の速さになります。

テンポはBPM ( Beats Per Minute )と表記されます。

名の通り、1分間に4分音符が何個入るのか。

時計の秒針はBPM60と表記されます。(1分間に60個の4分音符が入る。)


けど、よく平均として使われるのはBPM120ですね。秒針の倍。

1秒間に2回叩くと同じです。これを言うとタイム感の話になってしまうので自重。

要は、その基準の感覚です。

リズム感

これは簡単ですね。

BPMを基準に

「ドン、タン、ドン、タン」

「ドンドタン、ドンドタン」とか

「ドーン・・・ドン、タン」とか・・・いや、譜面で書けよって話ですね。

けどわかったでしょ?いわゆるリズムパターンの事です。

この3つがないと音楽が成り立たないと言う事はどういうことなのか・・・


何でもいいです。メロディー口ずさんでください。


それぞれの音程の長さって、違うでしょ?

全部同じ長さで口ずさんでください。


別物になるでしょ?じゃ、その基準としてるBPM省いてください。


基準がないとどこまで伸ばせばいいのかもわからないでしょ?

どのタイミングで次の音を出せばいいのかわからないでしょ?

いやむしろ、それぞれの音と音がリズムになってるのに基準が無くなるって、わけわからないでしょ?


はい、ここで音楽ではなくなりました。・・・(コンテンポラリーと言うジャンルがあるので、言い切れませんが笑)


音程の把握とかも確かに大事。

けど、リズムの3要素に音が入って初めて、音楽が成り立つんです。

よくある基礎練は・・・

マジで大事。

特にベーシスト!ドラマー!


ある程度楽器経験していたら耳にする「グルーヴ」。

これの正体は何かわかりますか?


実は3要素の中の「タイム感」が一番鍵を握っています。

初心者用基礎練は正しくその「タイム感の矯正」から入ります。

「4分音符の長さは~」「8分休符は~」「全音伸ばし~」・・・

最初はメトロノームに合わせて、音を当てる練習ですが、グルーヴ強化しようと思うと・・・


「4分音符の切り際をも少し早めに切って・・・とか、8分裏の発音を、ほんのちょっぴり後ろで鳴らして・・・とか・・・」(タイム感)


↓ってことは


この矯正のために必要なのは・・・

「リズムに合わせて、上記をするんだから、意識的には裏打ちのハイハットとバスドラ・・・」(リズム感)


↓いやむしろ、


どれだけの速さなのか・・・(テンポ感)


指が早く動こうが、動くまいが関係なくて、

このリズムの3要素をしっかり矯正していなければ、どんなにカッコいいフレーズも魅力的には感じません。これはドラムやベースにとどまらず全パートに言えます。楽器うまい人に限って、基礎練凄くやりこんでる人が多い。中でも吹奏楽経験者とか、ピアノ習ってたって人とか・・・えぐいんですよ笑


ま、それはおいといて。笑


意外とスルーしがちな序盤の練習方法って、意外とその難しさと重要性を再確認できます!

これを機に、基礎練もう一度やり直してみるといいかもしれませんよ!お勧め!

余談ですが、昨日、僕はもう一つ有益なツイートをしました。




人の体の仕組みを知ってから自分の練習に活かすのも一つです!

是非試してみて下さい!


あ、リズム基礎練習、しっかりやりましょう!

以上、今日もありがとうございました!


the Black Cat / SATSUKI

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

copyright©2019 office Music Cat all right reserved